So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Heal The World [地球]

マイケルジャクソン

君の心の中に愛の為の場所はちゃんとあるんだって僕には分かる

愛を持った心は明日よりもずっと輝かしいことだろう

死力を尽くしてみれば泣く必要なんてないと分かるはず

ここには何の痛みも悲しみもないんだ

そこにたどり着くすべは命あるものを本当に思いやるならもう少しゆとりをもってもう少しいいと

ころにしよう

地球を愛しもうもっといい世界にするんだ

君と僕のためにも全人類のためにもこの瞬間に命を失っていく人がいる 命あるものを大切にする

なら君と僕のためにもっといい世界にしていこう

なぜ偽りのない愛があるかわかるのかい?

分かるはずさ 『いる』事をやめ『生きる』事始めよう

そうすればいつだって僕らの成長に愛さえあれば充分だと思えるさ

だからもっといい世界を築こう もっといい世界を

地球を愛しもうもっといい世界にするんだ

君と僕のためにも全人類のためにも

この瞬間にも命を失っていく人がいる 命あるものを大切にするなら

君と僕のためにももっといい世界にしていこう

僕らが抱いた夢は喜びに満ちた表情で現れるだろうに

かつて信じた世界は再び優美に輝き出すだろうに

なのになぜ人はこうも命を苦しめ続けるのか?

地球を傷つけても自分に跳ね返ってくるだけ

平凡に見えてもこの世界は素晴らしい 今こそ神に命の輝きを示そう

僕らは空高く飛び立ちこの想いを決して絶えさせはしない

僕には僕ら皆が兄弟に思えるんだ

恐怖のない世界を築いてともに喜びの涙をながそう

世界の国々が剣を捨てくわに持ちかえる様子を想像してごらん

本当にたどり着けるんだ本当に生命を大切にするなら

もっといい所にする為にもっとゆとりを持とう

地球を愛しもうもっといい世界にするんだ

君と僕のためにも全人類のためにも

この瞬間にも命を失っていく人がいる 命あるものを大切にするなら

君と僕のためにももっといい世界にしていこう

地球を愛しもうもっといい世界にするんだ

僕らの地球を愛しもう子どもたちのため守っていこう





















adaruto


今(瞬間)を正しいものに [ひとりごと]

ものごとには良いも悪いもない。それが表面化しているか、水面下にあるだけなのかの違い?元を正せばひとつの物であることに変わりはない。人間においてもそうなのでは?どのような時代であっても、どのような環境であっても、せっかく生まれてきたのだから、この身でできる良いことをした方が気持ちがよいではないか?生まれてから今生きていることへの感謝、調和、建設的に考え、この瞬間を良しとしなければいけない。

あなたは世界にひとつだけの花 [ジョゼフ・マーフィー]

あなたと同じ人間は、過去、現在、未来において存在しません。同じ指紋の持ち主は一人として存在しません。この世界に生まれてきたことが奇跡なのです。人は誰でも大自然の一員として自分が成すべき使命や目的をもって生まれてきたのです。この地球にあなたと同じ人間は一人も存在しないのです。一人ひとりが咲かせるべき自分だけの花を持っています。他人と比べるのはやめて、オンリーワンの自分を認め大自然の一員として自分が成すべき使命や目的を果たす意識をもって今、この瞬間を正しいものにしなければいけません。どんな問題にも答えはあり、それをまだ知ることができないだけなのです。答えを知る日は必ず来ます。

12 [知識]

神話は多くの場合、かつて生きていた宗教や信仰の内実、すなわち世界の「真実」を神聖な物語(文学的表現)または象徴の形で記録したものだと言える。このことは、現在もなお生きている宗教にも該当する。神話はまた多くの場合、儀礼と密接な関係を持つ。エリアーデは神話は世界を含む「創造を根拠付ける」ものとした。このことは人間の起源の説明が宗教的世界観の一部として大きな意味を持つことからも肯定される。
今日、ギリシア神話として知られる神々と英雄たちの物語は、およそ紀元前15世紀頃に遡る。

旧約聖書
約6000年前~紀元前1800年…モーゼ五書、紀元前1200…ヨシュア記、紀元前1200~1000…士師記、ルツ記、サムエル記上・下、紀元前922~587…列王記上・下、紀元前6~5世紀…ダニエル書、エズラ記、ネヘミヤ記。

紀元前15世紀頃の出来事

* 紀元前1504年 - 1429年 - 古代エジプト、ヌビアと地中海沿岸を征服
* 紀元前1500年頃 - アナトリア半島のヒッタイト人が人工鉄(鉄の精錬法)を発明
* 紀元前1450年頃 - ミケーネ文明が興り、ギリシアを征服、アナトリアまで進出
* 紀元前1450年頃 - ヒッタイト新王国が興る
* 紀元前1440年代 - 1420年代 - モーゼが、ファラオ(トトメス3世あるいはアメンヘテプ2世と言われている)の迫害に苦しむイスラエルの民を率いてエジプトを脱出した。(出エジプト記)(有力説の一つ)

冒頭では神が7日間で世界を創り、楽園に男と女を住まわせたが、彼らが蛇の誘惑によって禁忌を犯したので楽園を追放されたという、神による天地創造と人間の堕落が語られる(創世記1-3)。以下、創世記には最初の殺人であるカインとアベルの兄弟の話(創世記4:1-16)、ノアの箱舟(創世記6:5-9:17)、バベルの塔(創世記11:1-9)などの物語が続いていく。
アブラハム・イサク・ヤコブの 3代の族長の物語が記されている(創世記12-36)。アブラハムはバビロニアから出発して、カナン(現在のイスラエル/パレスチナ)にやってきた遊牧民の族長であり、神から祝福を受け諸民族の父になるという約束を与えられた(創世記12:2)。イサクはアブラハムの息子であり、彼にも子孫が栄える旨が神から約束されている(創世記26:24)。さらにその息子がヤコブであり、彼と契約を結んだ神はヤコブとその子孫にカナンの土地を与えると約束している。ヤコブはこの契約でイスラエルと改名し、彼の子孫はイスラエル人と呼ばれるようになった(創世記32:29,35:10)。ヤコブは12人の男子および数人の女子をもうけたが、男子それぞれがイスラエル十二氏族の長とされている(創世記29-30)。

新約聖書 十二使徒
ルカ福音書と使徒行伝を除いては、使徒を12人に限定していないが、イエスの高弟である「十二人」(δωδεκα)については、幾つかの文書に記されている。彼らは、イエスから悪霊を払うための権能を授けられた。イスカリオテのユダによる欠員をマティアで埋めた。

クロノスとティーターン神
ウーラノスより世界の支配権を奪ったクロノスは、第二代の王権を持つことになる。クロノスはウーラノスとガイアが生んだ子供たちのなかの末弟であり、彼の兄と姉に当たる神々は、クロノスの王権の元で、世界を支配・管掌する神々となる。とはいえ、この時代にはまだ、神々の役割分担は明確でなかった。クロノスの兄弟姉妹たちはティーターンの神々と呼ばれ、オリュンポスの十二の神に似て、主要な神々は「ティーターンの十二の神」と呼ばれる。

日本神話 
『古事記』によれば、七組十二柱で神世七代となる。1天之御中主神2高御産巣日神3神産巣日神4宇摩志阿斯訶備比古遅神5天之常立神6宇比地邇神、須比智邇神7角杙神、活杙神8意富斗能地神、大斗乃弁神9於母陀流神、阿夜訶志古泥神10伊邪那岐神、伊邪那美神

干支
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥

ペロプスの裔 [ギリシャ神話]

タンタロスは冥府のタルタロスで永劫の罰を受けて苦しんでいるが、その家系にも有名な人物がいる。彼の息子のペロプスは富貴に驕った父親によって切り刻まれ、オリュンポスの神々への料理として差し出された。この行い故にタンタロスは劫罰を受けたともされるが、別の説もある。神々はペロプスを生き返らせた。生き返って後、彼は世に稀な美少年となり、ポセイドーンが彼を愛して天界に連れて行ったともされる。

ペロプスは神々の寵愛を受けてペロポネーソスを征服した。彼の子孫にミュケーナイ王アトレウスがあり、アガメムノーンとその弟スパルタ王メネラーオスはアトレウスの子孫(子)に当たる(この故、ホメーロスは、「アトレイデース=アトレウスの息子」と二人を呼ぶ)。アガメムノーンはトロイア戦争のアカイア勢総帥でありクリュタイメーストラーの夫で、メネラーオスは戦争の発端ともなった美女ヘレネーの夫である。アガメムノーンの息子と娘が、ギリシア悲劇で名を知られるオレステース、エーレクトラー、イーピゲネイアとなる。

ミュケーナイ王家の悲劇に密接に関連するアイギストスもペロプスの子孫で、オレステースと血が繋がっている。他方、アトレウスの兄弟とされるアルカトオスの娘ペリボイアは、アイアコスの息子であるサラミス王テラモーンの妻であり、二人のあいだの息子がアイアースである。また、テラモーンの兄弟でアイアコスのいま一人の息子がペーレウスで、「ペーレウスの息子」(ペーレイデース)が、トロイア戦争の英雄アキレウスとなる。

大洪水とデウカリオーン [ギリシャ神話]

プロメーテウスの息子デウカリオーンは、エピメーテウスとパンドーラーのあいだの娘ピュラーを妻にするが、大洪水は、このときに起こったとされる。洪水を生き延びたデウカリオーンは、多くの息子・娘の父親となる。ピュラーとのあいだに息子ヘレーンが生まれたが、彼は自分の名を取って、古代ギリシア人をヘレーン(複数形:ヘレーネス)と呼んだ。デウカリオーンの息子・孫には、ドーロス、アイオロス、アカイオス、イオーンがいたとされ、それぞれが、ドーリス人、アイオリス人、アカイア人、イオーニア人の名祖となったとされるが、これは歴史的な背景はないと思われる。

ゼウスの息子 [ギリシャ神話(ヘーシオドス)]

英雄は古代ギリシアの名家の始祖であり、祭儀や都市の創立者であり名祖であるが、その多くはゼウスの息子である。ゼウスはニュンペーや人間の娘と交わり、数多くの英雄の父となった。

数々の冒険と武勇譚で知られ、数知れぬ子孫を残したとされるヘーラクレースはゼウスと人間エーレクトリュオーンの娘アルクメーネーのあいだに生まれた。ゼウスは彼女の夫アンピトリュオーンに化けて、更にヘーリオスに命じて太陽を三日間昇らせず彼女と交わって英雄をもうける。また白鳥の姿になってレーダーと交わり、ヘレネー及びディオスクーロイの兄弟をもうけた。アルゴス王アクリシオスの娘ダナエーの元へは黄金の雨に変身して近寄りペルセウスをもうけた。テュロス王アゲーノールの娘エウローペーの許へは、白い牡牛となって近寄り、彼女を背に乗せるとクレーテー島まで泳ぎわたった。そこで彼女と交わってミーノースを、またラダマンテュス等をもうける。

ゼウスはまた、アルテミスに従っていたニュンペーのカリストーに、アルテミスに化けて近寄り交わった。こうしてアルカディア王家の祖アルカスが生まれた。プレイアデスの一人であるエーレクトラーとも交わり、トロイア王家の祖ダルダノスと、後にデーメーテール女神の恋人となったイーアシオーンをもうける。イーオーはアルゴスのヘーラーの女神官であったが、ゼウスが恋して子をもうけた。ヘーラーの怒りを恐れたゼウスはイーオーを牝牛に変えたが、ヘーラーは彼女を苦しめ、イーオーは世界中を彷徨ってエジプトの地に辿り着き、そこで人の姿に戻り、エジプト王となるエパポスを生んだ。エウローペーはイーオーの子孫に当たる。

アトラースの娘プルートーとのあいだには、神々に寵愛されたが冥府で劫罰を受ける定めとなったタンタロスをもうける。またゼウスはニュンペーのアイギーナを攫った。父親であるアーソーポス河神は娘の行方を捜していたが、コリントス王シーシュポスが二人の行き先を教えた。寝所に踏み込んだ河神は雷に打たれて死に、またシーシュポスはこの故に冥府で劫罰を受けることとなった。アイギーナからはアイアコスが生まれる。同じくアーソーポス河神の娘とされる(別の説ではスパルトイの子孫)アンティオペーは、サテュロスに化けたゼウスと交わりアンピーオーンとゼートスを生んだ。アンピーオーンはテーバイ王となり、またヘルメースより竪琴を授かりその名手としても知られた。プレイアデスの一人ターユゲテーとも交わり、ラケダイモーンをもうけた。彼は、ラケダイモーン(スパルテー)の名祖となった。エウリュメドゥーサよりはミュルミドーン人の名祖であるミュルミドーンをもうけた。

人間の起源 [ギリシャ神話(ヘーシオドス)]

古代よりギリシア人は「人は土より生まれた」との考えを持っていた。超越的な神が人間の族を創造したのではなく、自然発生的に人間は往古より大地に生きていたとの考えがあった。しかしこの事実は、人間が生まれにおいて神々に劣るという意味ではなく、オリュンポスの神々も、それ以前の支配者であったティーターンも、元々はすべて「大地(ガイア)の子」である。人間はガイアを母とする、神々の兄弟でもあるのである。異なるところは、神々は不死にして人間に比べ卓越した力を持つ。神々は貴族であり、人間は庶民だと言える。

ヘーシオドスは、土より生まれた人という素朴な信念とは異なる、人間と神々のあいだの関係とそれぞれの分(モイラ)の物語を語る。太古にあって人間は未開で無知で、飢えに苦しみ、寒さに悩まされていた。
プロメーテウスが人間の状態を改善するために、ゼウスが与えるのを禁じた火を人間に教えた。また、この神は、ゼウスや神々に犠牲を捧げるとき、何を神々に献げるかをゼウスみずからに選択させ、その巧妙な偽装でゼウスを欺した。
プロメーテウスに欺されたゼウスは報復の機会を狙った。ゼウスはオリュンポスの神々と相談し、一人の美貌の女性を作り出し、様々な贈り物で女性を飾り、パンドーラー(すべての贈り物の女)と名付けたこの女を、プロメーテウスの弟の思慮に欠けたエピメーテウスに送った。ゼウスからの贈り物には注意せよとかねてから忠告されていたエピメーテウスであるが、彼はパンドーラーの美しさに兄の忠告を忘れ、妻として迎える。ここで男性の種族は土から生まれた者として往古から存在したが、女性の種族は神々、ゼウスの策略で人間を誑かし、不幸にするために創造されたとする神話が語られていることになる。

十二の神々 [ギリシャ神話(ヘーシオドス)]

ゼウスの王権の元、世界の秩序の一部をそれぞれ管掌するこれらの神々は、オリュンポスの神々とも呼ばれ、その主要な神は古くから「十二の神」(オリュンポス十二神)として人々に把握されていた。十二の神は二つの世代に分かれ、クロノスとレアーの息子・娘に当たる第一世代の神々と、ゼウスの息子・娘に当たる第二世代の神々がいる。

時代と地方、伝承によって、幾分かの違いがあるが、主要な十二の神は、第一世代の神、秩序(コスモス)の象徴でもある神々の父 1)ゼウス、2)ヘーラー女神、3)ポセイドーン、4)デーメーテール女神、5)ヘスティアー女神の5柱に、第二世代の神として、6)アポローン、7)アレース、8)ヘルメース、9)ヘーパイストス、10)アテーナー女神、11)アプロディーテー女神、12)アルテミス女神の7柱である。また、ときとしてヘスティアーの代わりに、ディオニューソスが十二神に入る。ハーデースとその后ペルセポネーは、地下(クトニオス)の神とされ、オリュンポスの神ではないが、主要な神として、十二神のなかに数えることがある。

それぞれの神は、崇拝の根拠地を持つのが普通で、また神々の習合が起こっているとき、広範囲な地方の神々を取り込んだ神は、数多くの崇拝の根拠地を持つことにもなる。アテーナイのパルテノン神殿小壁には、十二の神の彫像が刻まれているが、この十二神は、上記の一覧と一致している(ディオニューソスが十二神に入っている)。
前の10件 | -

いろいろ

Life

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。